2012年2月10日金曜日

女の子の目で愛


愛という言葉について説明することができません。愛はとても敏感なものです。愛するとき心は鳥のように飛びますから昔から愛する人たちを鳥とくらべます。愛する人たちはいつもにこにこして笑っています。いつも好きな人を覚えてほかのことを考えないで夢で飛んでいます。これは心の健康と体の健康にもいいことです。女の鳥を見て男の鳥どうやってうれしくなります、女の鳥は相手の前にどうやっていますということを以下の絵で説明しています。





女の子は愛するとき家族とが友達とか仕事とかみんなをわすれて相手のことだけかんがえます。相手にだけ気をつけます。相手のために何でもすることとやめることにします。たとえば相手があなたがすることが私が嫌いですといったら何も言わないで、自分のことにも気にしないで愛のために相手の幸せのために辞めます。女の子は相手の幸せで私の幸せを探します。回りでたくさんことがあっても相手がなかったらなにかをミスしている感じをします。女の子は私に恋人がいると言うとき目の光を見たら愛のパワーをわかることができますと思っています。相手が何かうそをつけったりけんかをしたりしたら愛のため全部をすぐわすれて相手のためにわらいます。何かうれしいことがあっても悲しいことがあってもあいてに言たいなとおもいます。時々何か言いたいなあと思っても相手の前でいわないんです。女の子の心はだれにもわからないものです。わかりますと思って行った人はばかになります。これは女の子のこころだからね。

インドの歴史でクリシュナ(Krishna)様とラダ(Radha)様の愛はとても有名です。クリシュナ様はインドにあるインズ教徒の神様です。ラダ様はクリシュナ様の恋人です。


 クリシュナ様は子供のごろからとても活発な人です。いつも女の子と一緒にいたずらをしたり牛と遊んだりしました。クリシュナはルクミニ(Rukmini)というクィーンを結婚してもラダ様を愛しました。インド人はいつも寺でクリシュナ様と一緒にラダを祈ります。ラダ様はとても親切に愛したからインド人は愛と言ったらクリシュナ様とラダ様を思い出します




カビータガウダ


0 件のコメント:

コメントを投稿